読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私、毒親生まれ、毒親育ち、フラッシュバックはだいたい苦しい

毒親育ちがフラッシュバックと向き合うブログ。 一児の母親でもある。

スポンサーリンク

ども! つらいたんはいわゆる毒親育ちです。
現在は結婚して出産し、一児の母です。
このブログでは毒親育ちの過去のことや私の性格、フラッシュバックのこと、
毒親育ちの分析、更に毒親育ちの人の自分の子の子育ての分析など
そういったしんどいことを吐き出して気持ちを軽くするために、ブログを書いていこうと思っています。

f:id:turaitan:20160911172800j:plain

毒親育ちは縦の関係しか知らない

毒親育ちの教訓 毒親育ちに効く本 毒親育ちのアドラー心理学

 

つらいたん嫌われる勇気を読んだ。

つらいたんが、ベストセラーとなった嫌われる勇気をやっと読んだよ。

 

アドラー心理学では、

「トラウマなんて存在しない」

が、話の軸なので、毒親育ちには、けっこうキツイことも書いてあるんだけれど…

 

でも、より生きやすく、苦しみが少なくなる「ひとつの手段」になるかなと思います。

 

これはと思った言葉を列挙

 

あなたにできるのは「自分の信じる最善の道を選ぶこと」それだけ。

一方で、その選択に対して他社がどんな評価を下すのか。これは他社の課題であってあなたにはどうにもできないこと。

 

人は対人関係の中で、わたしは「正しいのだ」と確信した瞬間、すでに権力争いに足を踏み入れてる。

 

性格や気質のことを「ライフスタイル」とよぶ。
ライフスタイルは自分で選んだものだから、再び自分で選びなおすことができる。
これが「人はいつでも変わることができる」の根拠

 

過去や環境や能力が足りないからじゃない。
「幸せになる勇気」が足りない。

 

これまでの人生に何があったとしても、今後の人生をどう生きるかについてなんの影響もない。

 

まず「今の自分」を受け入れてもらい、たとえ結果がどうであったとしても前に踏み出す勇気を持ってもらう事。
こうしたアプローチが「勇気づけ」

 

自慢する人は劣等感を感じている。例えば権威づけ。
例えば権力者と懇意であることをアピールする。
それによって自分が特別な存在であるかのように見せつける

 

いまの自分よりも前に進もうとすることに、価値がある。

 

あなたが正しいと思うのなら、他の人の意見がどんな意見であれ、そこで完結するべき話。

 

他者の課題には介入せず、自分の課題には誰一人として介入させない

 

課題を分離することは対人関係の出発点

 

対人関係を縦に捉え相手を自分より低くに見ているから介入する。自分は正しくて相手は間違ってると思い込んでるから正しい方向に導こうとする。

介入ではなく横の関係による援助が勇気付け。

 

普通であることは無能であることではない。
わざわざ自らの優越性を誇示する必要などない。

 

 

などなど…つらいたんの心に染みる言葉がたくさんありました。

うん。

 

毒親育ちは縦の関係しか知らない

毒親育ちは、縦の関係にさらされている場合が多いと思う。

だから、横の関係でのアプローチの方法を知らない、のだと思うのです。

 

でも、最初に言った通りアドラー心理学では

「トラウマなんて存在しない」ので、

 

それはトラウマとして今の私たちを縛っているわけではなくて…

毒親育ちがアドラー心理学での言うライフスタイルだった。

 

毒親育ちがライフスタイル(笑)っていうと笑えるんですが、

 

 

ライフスタイルだったなら、

毒親育ちの私たちも、そのライフスタイルをいつでも変えることができる。

 

毒親育ちの私たちは、ただただ

「縦の関係」が正しいとの思い込みがあるだけで、

ただただ「縦の関係」しか知らなかった。

 

本当は、ただ、それだけなのかもしれません。

それが世界を複雑にさせている。

 

本当は、毒親育ちであれ何であれ、

世界は本当はとてもシンプル。

 

…なのかもしれませんね。

 

これからは横の関係を築いていきたい。

それを今度は自分の生き方と、自分の子育てで築きたい。

 

そんなことをつらいたんは思いました。

スポンサーリンク